女性のキャリア

発想を少し変えるだけ!転職を繰り返す女性の人生が劇的に変わる方法

この記事を手に取ってくださったあなたはに伝えたいことがある。

それは、あくまで筆者の個人的な意見ではあるものの、転職を繰り返すこと自体負い目を感じるようなことではないと思うし、むしろ“転職の回数”でしかあなたを評価できない会社なのであれば、そんな会社はこっちから願い下げるくらいの気持ちでいるべきだ、ということ。

世間一般的な意見から考えればこの記事書いている人何言っているの….と思うわれるかも知れないけれど、私は誰がなんと言おうと、転職を繰り返すこと自体大賛成だ。

それにはいくつか理由があるわけだが、まずは時間は有限だということ。転職回数だけであなたを判断するような企業であれば、すぐに他を探せばいい。確かに転職回数は大切なのかもしれないが、転職回数とその転職理由も踏まえた上で自分を正当に評価してくれる会社に行った方がいいに決まっている。

少しだけ私の話をしたいと思う。この記事を書いている私は、契約社員からキャリアをスタートさせて、これまでに4度の転職を経験してきた。その後、20代後半で企業の役員になるまでの成果を上げてきた。現在は、社会人生活で培ってきたコネクションや人脈を活かし、様々な企業のマーケティング業務を担当しつつ個人事業主として活動をしている。

これだけ聞かされると、さぞかし華々しいキラキラしたキャリアを歩んできたように聞こえるかもしれないが、全くそんなことはない。就活には失敗してフリーターから社会人生活がスタートするし、これまでを振り返ると紆余曲折しかなかった気がする。

もっと楽な生き方もあったんじゃないかとすら思う。

もしも今あなたが転職の回数について悩んでいるのであれば、ぜひこの記事を読んでみてください。こんなわたしでも変われたからこそ、あなたなら絶対にできるはずです。

今回は「転職を繰り返す女性」について話をしていく。

転職回数は多くても問題ない、大切なことはなぜ転職を繰り返しているかを考え直すこと

私は、わずか8ヶ月程度でようやく受かった一社目を辞めて、事務職から営業へとキャリアチェンジした。そこからだ。人生が劇的に変わっていったのは。職場の環境が変わる度に当然のことだが、新しい学びがあり人との新しい出会いや発見があった。

ただただ「自分が成長できる環境」だけを追い求めて、転職を繰り返してきた。

当時20代で4回以上の転職というと平均して1年単位で仕事を変えている掲載になるので、転職回数が多すぎるし短すぎるのでは……と思う人がこの記事を読んでいる大半の人が思うことだろう。

しかし、それはそれでおっしゃる通りだし正しいと思う。しかし、回数でその人を判断して欲しくない。回数以上にもっとその人自身の“価値”を見て欲しいし知って欲しいと思う。

その人がどのようなスキルを持ち、社にとって必要な人材かどうか、を。

これはあくまで持論だが、転職回数が多いが目的が達成しているのであれば、それは決して無駄な転職ではなくむしろ大成功だと言える。あなたのスキル(能力値)>転職回数を圧倒的に上回ればいいわけだ。

そうなったらあなたの勝ちだ。むしろ多くの企業があなたを欲しがるだろう。そういってくれる企業が出てきたらあなたはもう転職回数に怯える必要もないし、何も怖いことなんてない。

堂々と言うべきだ、目的があって転職してきた、その上で私にはこんな才能(スキル)が身についた、と。自分を売りにいくのだ。

もしも、そこでNOであればこっちからお断りすれば良い。あなたを必要としてくれる人は他にも必ずいるし、必ずしもそこではいけない理由があるのであれば、がんばれば良いが、それ以外はこちらから願い下げだ。

どうかあなたの価値を上げる努力をして欲しい。勇気を持って行動して欲しい。

大切なのは、転職回数ではない、転職を経て何を学び何を得たか、だ。すでにあなたは勇敢だ。多くの転職を経験してきた行動力のある人に違いない。

そこに目的を足そう。ここまでやったら転職。年数で見るのでない、目的を達成するための転職に脳を切り替えよう。

まず3年は働こうという魔法の言葉に騙されない

とりあえず3年は働かないと、半年で、一年で辞めてしまったらこの先就職が出来なくなるなど、社会人として働いていたら一度は耳にしたことがある言葉の数々なのではないだろうか。

わたし自身もそういった経験があった。社会人に成り立ての頃だと思う、きっかけは忘れてしまったが、たしか仕事に行き詰まって辞めたくなっていた時のこと。まわりの先輩や上司からは、あたかも長く働くことが正義であるかのように「まだまだ社会人としての経験が〜」「3年は〜」などの言葉をよくかけられたものだった。

当時は確かに先輩や信頼している上司の言うことだからと思い、言われるがままにひたすら仕事に打ち込んできた。

しかし、ある程度仕事に慣れてくるとそこからはずっとルーティンワークの繰り返し。

そこから毎日自問自答の日々が続き、最終的にようやく手に入れた職を手放すことを決意。まだまだ若いし成長を信じてキャリアチェンジした。(一章で話をしたように、8ヶ月で仕事をやめて事務職から営業になった。)

結果、成功だった。その時の自分に今会ったらお礼を言いたい。あなたの信じた道は正解だったと。

何が言いたかというと、時間は皆に有限であり、無限にあるものではない。その限られた時間を使い、あなたはどのような生活がしたいと思うか、を考えた方がいい。

今の年収で今の役職で今の働き方で良いなら良いと思うが、どうせ働くなら、もっとお金があって、もっと自由に働いてみたいと思わないか。私だったらそう思う。当時の私もそう思ったから今がある。

多くの人が勘違いしているようだが、転職はゴールではない、お金を稼ぐための、生きていくための手段だ。だからこそ、転職を上手く使って今の年収をあげて、あなたが一人で生きていくためのスキルをつけていく。

長く働くことでそれらが手に入るのであればそうすればいいが、最終的に目指すべき理想の生活が得られのであれば、働く時間は短い方が良いのではないか。

誰にでもわかることだ。あなたがどうしたいか、それが一番だ。あなたの当たり前は当たり前ではない。

今苦労するのか、10年後に苦労するのかを考える

少し難しい話になるかもしれないが、いずれ日本は嫌でも貧富の差が広がるはずだ。すでにその格差が始まっている。

今苦労するのか?10年後に苦労するのか?

私だったら圧倒的に若い頃の苦労を選ぶ。歳をとればとるほど、体力的にも人間は衰えてくるし、記憶力なども落ちてくる。

働き手を考えた時もそうだ。企業でも若手を育成したり、多くのチャンスを歳をとった人よりも若い人に託す傾向にある。

それに若い頃は若さが武器になる、怒られたとしても若さゆえにが通じるが、歳をとればそうはいかない。

世間とはつめたいなとつくづく思うことだが、これができて当たり前という風に見られるのだ。むしろこんなこともできなのか、と。

当然そんな風になるとできる仕事できない仕事が限られてくるし、その先は……。

今がベストとは思わない方がいい、常に努力を惜しまず楽な仕事ばかりを選ばないことだ。

スキルを磨く努力ができないのであればこの先生きていくのがますます厳しくなると思っていた方がいい。

この記事を読んだ今があなたにとって人生が変わる“その時”だと思ってほしい

これまで、私が考える“転職”について話をしてきた。

では、具体的にどうしていけば良いのかについて話をしたい。

まずは、この記事を読んだ後、すぐに行動して欲しい。この記事を読んだ日、そう今日があなたの再スタート日だ。

この先あなたがどういう生活を送っていきたいのか、月々の給料がいくらあれば良いのか、どんな暮らしがしたいのかなど、事細かに考えて欲しい。

想像が出来ただろうか?

想像が出来たのであれば、あなたのその理想を叶えるために前に進もう。

お金は気にしなくていい、スキルがついてくれば後から自然と付いてくるので、まずはあなたの価値(スキル)を上げる努力をしなければならない。

自分の市場価値が上がればそれだけ収入は上がる。日本は資本主義だ、お金をもっている人が偉いし、お金を持っている人が強い。残酷かも知れないが、それが現実だ。

言い方は悪いが、今のあなたの給料があなたの市場から見た価値だと思った方がいい。300万であれば300万、400万であれば400万、まずはこの年収を上げる努力をしよう。

努力でいくらでも変われる。私は200万前後からスタートして、独立前は1000万前後の年収になった。

あなたにも必ずできる。少しの勇気と努力でなんとでもなる。まずは自分の足で前に進む努力をして欲しい。

ただし、そのための手段として、お金持ちの彼を捕まえて、結婚してなどと考えているようであれば、他力本願もいいところなので、その考えは改めた方がいい。

多くの企業が副業を解禁する中、なぜ本業を一生懸命頑張った方がお金を稼げる近道なのか?

今や大企業でも積極的に副業を推進する中で、なぜ今本業を頑張った方が良いというのか、その理由について話をしようと思う。

確かに、お金を稼ぐという点では、本業に加えて副業をすることで、手っ取り早くお金は増えるかもしれない。

しかし、私自身の経験から考えると、副業である程度まとまったお金を稼げるようになるには、それに値するだけの知識や経験、スキルがないことには難しいのではないかと思っている。

現に私自身、本業を頑張ることで副業の幅は広がったし、稼げる額は数千円単位から数十万、それ以上になった。芸は身を助けるでないが、やはりこれからの時代、生きていくための知識やそれに等しいだけのスキルがいる。それらを常に更新し続けないといけない。

本業で得られることは大きい、副業をすれば尚その素晴らしさに気付だろう。決まった時間働けば確実にお金がもらえる、医療保険など雇用保険に無条件で入れる、お金をもらいながらスキルが身につくなど、メリットは数知れず。

なので、まずは副業以前に本業をしっかりと頑張ることをおすすめする。今現在の仕事が暇だったり毎日同じことしている…のであれば、思いっきってキャリアチェンジするのも良いだろう。自分の価値を上げるための一つ方法だ。

そして、私がなぜこれだけ本業を一生懸命頑張った方が良いという理由を身をもって知ってもらうためにも、まずはなんでもいいから副業をはじめてみて欲しい。自分で稼ぐことがどれほど大変なのかを知ってみることで多くの気付きが得られるし考え方も変わるだろう。

今はその意味が分からなくてそれでいい。でも、騙されたと思って、一度経験してみて欲しい。自分で一円を稼ぎ出すことの大変さを。給料をもらえることが当たり前ではないのだ。

まとめ|他人は他人、あなたはあなた。何を言われてもあなたがあなたを守ってあげて欲しい

少し長くなってしまったが、最後に言いたいことがある。

それは、他人が何と言おうとあなたはあなたの思った道を進めばいいし、あなたがあなたを守ってあげて欲しいということだ。

まだまだ転職回数についての偏見は多い。しかし、目的があればそこに対して不安をいただくことないし、むしろこっちから企業を選べばいい。

それよりも有限な時間を無駄なく使おう。

人の顔ばかりを伺い人間関係に疲れたなと思いながら、毎日何のために働くんだろうと思いながら満員電車に揺られ、ただただ時間だけが過ぎていく。

そんな人生で終わってしまって良いのだろうか。結婚も出産もゴールかもしれないが、万一旦那さんに家族に何かあった時、満足に暮らせるお金がある保障がどこにあるのだろうか。

私は私の力で未来を変えていきたい。だからこそ転職を繰り返してきた。自分の実力をつけるために。もっとお金を稼いで一人で生きて生きていくための力をつけるために。

お金をもらいながら、それらが身につくのであれば、圧倒的に少し難しいなと思うくらいのハードルが高いところに転職するもしくは、全く別の職種に転職するくらいのチャレンジをしてみるべきだ。頑張って欲しい。

ABOUT ME
しのぶ
しのぶ
これまでに4回の転職と某企業の役員として働いた経験をもとに、独立。現在は、 個人事業主(ブロガー)として活動中。波乱万丈だった人生経験をもとに、悩める女性の手助けとなるべくブログを開設しました。