女性のキャリア

20代女性の高卒Mさんがわずか2カ月で転職を成功させた話【体験談】

高卒 20代 女性 転職

高卒でも未経験でも転職はできるのだろうか……

この記事を手に取って読んで下さっているあなたは、今漠然とした転職への不安から「何か参考になるような情報はないのか…」「ためになるような事例がないのか…」と思いながら、本記事に辿り着いたのではないでしょうか。

結論、転職に学歴や経験の有無は関係ないと言えます。

筆者は短大を卒業して現職に至りますが、四年生の大学を出ていないから、未経験だからといった理由で転職ができなかったことは一度もありません。

そして、今回記事を書くために取材をさせていただいたMさんもまた同様です。彼女は、みなさんと同じく、最終学歴は高校で未経験ながら、約2年程前に製造業から某IT企業の事務職へと転身しました。

なぜMさんは、異業種への転職を決意し、OLへと転身をしたのでしょうか?

今回の記事では、Mさんの体験談をもとに、20代前半の女性の「リアル」な転職事情を綴ると共に、転職を成功させるために必要なことについて、お話を進めていきたいと思います。

20代の女性にとって、8月は最高の転職タイミングと言えます。転職エージェントも年度末から続く転職の繁忙期を超えて今は比較的時間の余裕があるため、手厚いサポートが受けられる可能性があります。

しかし、転職市場に出回っている求人数には限りがあります。そのため、良い求人と出会うためにも早め早めの行動を心がけましょう。転職は、以下のステップで行うことをおすすめします。

  1. 複数の転職サイト(マイナビジョブ20’sリクルートエージェント)に登録をする
  2. エージェントから連絡を受けた後、面談または電話で今後の進め方や現在の状況を伝える
  3. 話を聞いてみて相性が良さそうな企業と転職活動をスタートさせる

より良い求人と出会うためにも、エージェントサービスを賢く利用しましょう。

学歴は関係ない、わずか2カ月で転職を成功させたMさんの話

カフェでの話この章から、Mさんの実話をもとにお話を進めていきたいと思います。

まずは、簡単にMさんのプロフィールについて、ご紹介します。


Mさんのプロフィール

23歳、女性。
都内近郊に住んでいて、現在は実家暮らし。
1社目は製造業で軽調理を担当、2社目はIT企業で事務職へと転身。

しのぶ
しのぶ
Mさん、どうぞよろしくお願いします。
Mさん
Mさん
こんな形でインタンビュー受けるのははじめてなので、少し緊張しますが…こちらこそよろしくお願いします。

学歴で転職が不利にはならなかった

しのぶ
しのぶ
早速ですが、今回のテーマが「高卒20代女性の転職」ということで、この記事を見ている読者の方はおそらく高卒で未経験でも転職できるかどうか?ということを不安に思っていると思うのですが、Mさんは転職に対して不安はなかったですか?
Mさん
Mさん
なかったです、なんとかなるかなって笑
しのぶ
しのぶ
なるほど、それはすごいですね…私は短大を卒業していて、就職活動でかなり苦労していたので、またあの地獄を繰り返すのかと思うとすごく不安だったし、出来ればやりたくないなって笑

まわりの友人のことを考えてみても転職となると身構える人が多かった印象を受けています。Mさんみたいなタイプはとても珍しいのではないかなと思ったのですが、どうですかね?

Mさん
Mさん
私の場合、学校の推薦で就職が決まって社会人として働き始めたため、大学を卒業した子が行ういわゆる「普通の就職活動」がどのようなものなのかを知りませんでした。

なので、しのぶさんが言うように、就職活動がそれほど大変なことであるという認識すらもなく…

でも逆にそれが良かったのかなと思うんですよね。

会社を辞めると決めてから、すぐに行動したので。これしかない!っという感じで。

しのぶ
しのぶ
決めてすぐに行動はすごいですね。なかなか決めても後手後手になってしまうことが多いじゃないですか。それは転職に限った話ではなく、何でもそうだと思うのですが。

私自身何回も転職をしてきましたが、その度に決めたらすぐに行動してきました。

たしかにこれでいいのかなと思う時もありましたが、だいたい迷っていても答えは出ないとうか。今思うと、その時その時の決断と行動があったからこそ、今の私があるのかなと思います。

話をまとめると、転職を本気でしたいと思うなら行動しないと始まらないよ、ということですかね。

Mさん
Mさん
そうですね、おっしゃる通りだと思います。わたしも決めたらすぐ行動するタイプなので。

あと良かったなと思うのは、人に相談しなかったことですかね。

しのぶ
しのぶ
誰にも相談しなかったのですか?それはすごい…私もMさん同様、すぐに行動してきましたが、さすがに結構な数の相談をしてきたかもしれません。
Mさん
Mさん
家族に軽く話しはしますが、誰に話しても結局自分で決めないといけないことはわかっているので、自分で決めて今という感じです。

私結構ネガティブなので、人に相談すると迷っちゃうんですよね。あと、調べたりすることもしなかったです。

しのぶ
しのぶ
若いのにしっかりしてらっしゃる…
Mさん
Mさん
それに私の場合は、転職をするなら事務と決めていたので、他に見向きもしなかったというか…希望の勤務地も、条件もある程度自分の中で全て書き出して、頭の中を整理した上で、探し始めたので、他には見向きもしなかったですね笑

調べててびっくりしたのは、学歴で出来る仕事・出来ない仕事が決まっちゃうこと、それによってもらえる給料がだいぶ変わることですね。

なんでこんなことで給料変わるんだろって。なんか残念だなって思いました。働いてみないと個々の能力なんて分からないのに、はじめから決めつけられているというか…

しのぶ
しのぶ
たしかにそうですよね。学歴による差や未経験の有無など、わたしも自分が思った以上に色々な弊害があって、かなり悩みました…

わたしは1社目の時に事務をしていたのですが、二社目でどんなことをするのかは結構なんだ気がします。営業が良いかな、他の仕事ってどんなものがあるのか、など。

当時まだ22とか3とかだったので、知らないことが多すぎて。一社目と同等の条件もしくは今より良い条件で、自分にあった職種って何だろうって結構見た気がします。

なので、他に目もくれず目標に向かって一直線ってすごいですね。

Mさん
Mさん
他を見てしまうことで、迷って決められなく、転職活動に時間がかかるのが嫌でした。早く決めて次に行こうと言う気持ちが強かったです。
しのぶ
しのぶ
なるほど。そういうことですね。

そもそも、Mさんが転職をした理由(1社目を辞めた理由)は何だったのですか?

良好な人間関係があるにも関わらず、なぜ転職を決意したのか?

Mさん
Mさん
人間関係が大きな理由の一つです。あと一つは、立ち仕事だったため、体に限界が来ていたことですね。

辞める直前はお医者さんにも、仕事を休むようにと言われていたのもあったので。タイミング的にはちょうど良かったのかもしれません。そのことをきっかけにして、将来を考えるようになったというか…

しのぶ
しのぶ
ずっと立ちっぱなしは身体にこたえそうですね…。働く上で身体は資本ですしね。

人間関係ということですが、職場の人間関係が悪かったのですか?

Mさん
Mさん
いえ、人間関係は良かったです。

仲の良い先輩がたくさんいたので、とても楽しかったです。プライベートも一緒に遊びに出かけるほどの仲の良さでした。辞めた今でもちょくちょく会いますよ。

人間関係というか、なんだろうな。

仲の良い先輩がいて、職場に行くのがとても楽しくて、その先輩たちがいたから私は仕事を続けていられたんだなと思ったんですよね。

不規則なシフト制だったり、立ちっぱなしで体力的に辛いなど辞めたい要因は他にもたくさんあった中で、唯一人間関係に救われていました。

先輩達が辞めると決めた途端、その職場にいる意味が分からなくなくなってしまい、私も仕事を辞めました。

しのぶ
しのぶ
職場の人間関係は本当に大切ですよね。とてもよく分かります。

先輩達が辞めた理由はなんだったのですか?

Mさん
Mさん
今よりももっと稼げる職に就きたい、土日休みで週休5日制が良い、体力的な問題で仕事を続けることが難しいからと言った理由だったと思います。
しのぶ
しのぶ
年齢を追うごとに確かに体力的に辛い部分なども出てきますよね。

Mさんもお医者さんからの指摘を経て、将来を考え始めるようになったとのことですが、いろいろ考えた末、IT企業を転職先に選んだということですか?

これだけは外せないという項目を書き出し、自分にとって大切な転職条件を明確にした

Mさん
Mさん
いえ、業界はたまたまです笑

業界というよりは、職種にこだわったという感じですかね。

将来のことを考えて、ずっと長く働けるような環境が良かったんです。

また、親からも正社員にこだわるようにと言われていましたし、私自身も正社員になるというこだわりは持っていました。

さらに言うと、身体のこともあったので、座って仕事ができるような仕事が良いなと…そう考えると憧れていた職種ということもあり、事務職かなと。

「事務職しているんだよね」って言いたいみたいな笑

しのぶ
しのぶ
やっぱりそういう女性は多いんですかね!

私も憧れから入ってますし…

Mさん
Mさん
え!しのぶさん事務職だったのですか?
しのぶ
しのぶ
あ、そうなんですよ。すみません、お話ししてなかったですね。私は一社目は事務をしていました。
Mさん
Mさん
なんと!大先輩ではないですか。
しのぶ
しのぶ
いやいや…結局8ヶ月とかで辞めちゃっているので、参考になる話とかは全然できないです^^;

話をもどますね笑

…今の会社に決めた理由は他にありますか?

Mさん
Mさん
あ!すいませんw

他の理由もあります。服装・ネイル・髪型、自由だったこと、給料も今よりも高くもらえること、自宅から通える範囲内(1時間以内)にあることでした。

家族が仲が良いので、絶対に自宅から通いたくて。そこは個人的に外せないポイントでした。

さらに、仕事内容も簡単な作業とあったので、経験はないですが、私にでも出来そうかなって。

しのぶ
しのぶ
まとめると以下のような条件で探していたということですね。

Mさんの転職条件
・今後のことも考えて、正社員であることが第一条件
・業種は特に絞らない、職種は身体のことを考えて事務職
服装・ネイル・髪型、自由
・通勤は1時間以内
・給料が現職よりも良いもしくは同等にもらえるところ
・未経験歓迎

Mさん
Mさん
そうです!

まずは私自身どうしていいかよく分からなかったので、こうしたいと思うような条件を実際に紙に書き出して、この条件に当てはまる求人を探していました。

転職サイトを活用よりはアプリを有効活用した

しのぶ
しのぶ
転職活動はどのようにして進めていましたか?また、どのくらいの期間行ってましたか?
Mさん
Mさん
探していたのは2ヶ月くらいで、本格的な活動は1ヶ月くらいですかね。

私の場合、辞めることを先に決めてしまったので、とにかく上の条件に当てはまるものならなんでもいいやという気持ちで探していました。

当時、意外と条件に当てはまる企業が少なかったと記憶しています。

しのぶ
しのぶ
情報収集はどういったツールやサイトを使っていましたか?
Mさん
Mさん
とにかくネット上で情報を収集しました。暇な時や空いた時間に気軽にみれたりするのが良いなって。

知っているサイトには片っ端から登録をしました、よく使っていたサイトはエンジャパンです。見やすいし、わかりやすかったので。

また、使っていたツールは、サイトよりアプリですね。サイトを見て、アプリがあるとすぐにダウンロードして、アプリを優先的に使っていました。

サイトはいちいちログインするのが面倒だったり、アプリだと閲覧履歴からまた同じものをみれたりするので、楽でした。

それにパソコンよりはスマホをみるので、スマホで操作しやすい方が良かったです。

しのぶ
しのぶ
アプリ!わたしはもっぱら(仕事柄もありますが)パソコンなので、若い世代という感じですね〜。

ハローワークなどには行かなかったですか?

Mさん
Mさん
行きましたよ。失業保険の手続きの時ですかね。

その時に、求人をパッと見たくらいで、実際には利用していません。

サイトで見れるのにわざわざ行くのってめんどくさいなって笑

別記事にて、転職を経験した20代女性にアンケートを取りました。合わせてご覧ください。「【2019年6月】20代女性100人が選んだ本当におすすめしたい転職サイト」「全ての20代女性に捧ぐ!転職に悩んだら読みたい120人の転職体験談

志望理由では、その企業でないといけない理由を明確に伝える

しのぶ
しのぶ
確かにこれだけネットが普及する中で、なかなか足を運ぶのって大変…ってなりますよね。

その後、どのくらいの企業数を受けましたか?結果はどうでしたか?

Mさん
Mさん
計6社受けました。書類選考で4社落ちて、2社受かりました。

その後は、1社面接で落ちて、もう1社(現職)受かったんですよね。でも後から倍率を聞いたら200倍とかだったとか…

しのぶ
しのぶ
200倍!?今の時代、正社員で事務職が難しいと言われていますもんね…すごい確率で受かったんですね。

何が良かったと思いますか?

Mさん
Mさん
志望理由はかなりの時間を費やして考えたと思います。

なぜその企業に事務職として入りたいのか、その企業ではないといけない理由をきちんと伝えられたのが良かったのかなと。あとは素直にできないことはできない、ただこういう努力ができるなど、前向きに堂々と話せたのも良かったかなとも思います。

しのぶ
しのぶ
たしかに、志望理由の中で、「その企業でないといけない理由」をのべることは大切ですよね。

やはり経営者・人事という立場で考えると、なぜ多くの中からうちに入りたいんだというところは必ず見るべきポイントなのかなと。

転職をして良かったこと悪かったことはありますか?

別記事、「女性経営者が伝えたい、事務職への転職を考え始めたら必ず知ってほしいこと」にて、事務職への転職について、ご紹介しています。合わせて、ご覧ください。

転職をして良かったこと・悪かったこと

転職をして良いこと悪いこと
Mさん
Mさん
良かったことは、今までやってきた仕事や環境が大きく異なるので、毎日新しいことが学べてとても楽しいです。また、土日休みで決まった時間に働けて友人との休みが合うようになったのは嬉しいなと思います。

ボーナスが出ることを知らずに入ったのですが、ボーナスが出ることがこれほど嬉しいとは思わなかったです笑

悪かったことは、そうですねー。少し女子が多いので、人間関係が複雑なところは微妙かもしれません。女子って難しいですよね。

しのぶ
しのぶ
ボーナス出ること知らなかったんですね笑

私も経験がありますが、女子同士はどうしてもいざこざが起きがちですよね。程よい距離感を保つことが良いかもしれません。めんどくさいなとおもったら引くことですかね…!

Mさん
Mさん
これでもかってくらい距離を取りますね笑
しのぶ
しのぶ
そうしてください笑

ちなみに、このような仕事の話や転職活動の話を誰かに相談しましたか?

辞めたいなら辞めたらいいんじゃない?

Mさん
Mさん
誰かに相談はしないですかね。家に帰って親に今日はどんなことがあったなどと報告するくらいです。

また、まわりに転職している人がいないため、最近では相談に乗ることが多いです。ちょうど、みんな大学を卒業して働き始めるくらいの年齢なので、仕事に悩むことや、すでにやめて転職したいと考えてる子も多いように思います。

しのぶ
しのぶ
その子たちになんとアドバイスするんですか?
Mさん
Mさん
辞めたいなら辞めればいいと言います。

しのぶ
しのぶ
ど直球ですね。
Mさん
Mさん
はい。

どうせ仕事をするなら、イヤイヤでする仕事よりも、楽しくやってたいじゃないですか。だから、辞めたいなら辞めたらというんですが、そういう子に限ってだいたい辞めないですよね。

何にせよ、私は行動することが全てなんじゃないかと思いますし、行動しないことには何も生まれないのかなって。

あと、とりあえず3年という子もよくいます。あれなんなんでしょうね。

しのぶ
しのぶ
たしかにそうですね。おっしゃる通りだと思います。

私自身、職を転々としてきていますが、3年も働いた試しがないですからね。詳しくは以下の記事を読んでもらえたらと…

別記事、「20代女性の転職タイミングは「仕事のルーティン化」で判断しよう」にて、転職のタイミングについて、ご紹介しています。合わせて、ご覧ください。

Mさん
Mさん
な…なるほど。ご紹介いただいた記事、見てみますね笑
しのぶ
しのぶ
最後にMさん自身の今後のお話について聞かせてください。

将来に対して、不安に思うことはありますか?

Mさん
Mさん
今不安なことは、今ほとんど貯金をしていないことですかね…

「まだ若いから大丈夫だよ」とまわりからよく言われますが、「まだ若いから」がいつまで続くのかも不安です。30、40になったら私はどうなっているのかなとか。仕事ももちろん、プライベートもこのままでいいのかなと。

しのぶ
しのぶ
私自身も20代前半はとにかく毎日楽しむという感じでした。今はそれでも良いのだと思いますよ。

逆にそういう頃があったからこそ、今頑張れていると言うのもありますし。人間やるときはやりますし。

大切なのは、常にこれから起こりうるであろう想定できるリスクをどれだけ考えて、行動することかなと。

今そのような不安があるのであれば、その不安を行動に変えて動いてみるのが良いと思います。

Mさん
Mさん
行動…たしかにそうですね。今の私があるのも過去の自分が一生懸命頑張って行動してきた結果ですもんね。

できることはたくさんありそうなので、少しずつ動いていきたいと思います。

IT業界で働き始めて、世の中には私の知らない仕事がたくさんあることが分かりました。こんな仕事もあるんだ、と知れば知るほど、もっともっと勉強して新しいことにチャレンジしてみたいなという気持ちも湧いてきました。

これを機に近い将来は、オタクをやめたいですね笑

しのぶ
しのぶ
良い心がけですね、Mさんなら絶対に上手くいくと思います。

何かあればいつでも相談してくださいね。少し長く生きている分、ちょっとは壁打ちにはなれるかなと思います。

本日はありがとうございました!このインタビューをもとに良い記事を作ります。

Mさん
Mさん
ありがとうございます!頑張ります。その際は、ぜひご相談させてくださいね。

まとめ|Mさんに続こう、転職を成功させるために必要だと思うこと

転職を成功させるために必要なこと今回の記事の結論として、経験の有無や学歴は、転職に関係ないと言えます。大切なことは、目標・目的に向かって行動できるかどうかです。

行動してみないことには何も変わりません。思っているだけではダメなのです。

インタビューをさせてもらったMさんのように、まずは動いてみましょう。

この記事で重要だった3つのこと

①悩む前に、まずは行動する
②自分がどのような働き方をしたいのか、全て紙に書き出して、頭を整理してみる
③人や親に相談しても良いが、最後に決めるのは自分自身

ABOUT ME
しのぶ
しのぶ
これまでに4回の転職と某企業の役員として働いた経験をもとに、独立。現在は、 個人事業主(ブロガー)として活動中。波乱万丈だった人生経験をもとに、悩める女性の手助けとなるべくブログを開設しました。